ローバーミニ:どんな駐車場がいいか考えてみる。

——————————————-

この記事はExicte Blogで2015/5/12に投稿されたものです。

ブログ引っ越しにつき再投稿しています。

車を買うにあたって一番頭を悩ませるのが駐車場だと思ってます。。

——————————————-

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

更新が滞っているのは納車までの手続きが色々と滞っているせいです・・・
すんません、言い訳でした。かみぶくろまんです。
車の購入となると主に必要な手続きが、
・ローン
・駐車場
・保険
の3つでしょーか。現時点で決まっているのがローン。
「車買います」とハンコを押してからだいぶ時間があったにもかかわらず、まだローンだけ。笑
でもローンに目途が立たないとそもそも車が買えないですし、先に駐車場なんて契約してたら敷金等の初期費用がパーになるわけです。
(衝動買いでなければ、事前にローンの仮審査を通し、保険の見積もりや駐車場の目途もつけてから購入すべき・・・)
さて、そして今日ようやく駐車場も決められそうです。
結論としては家賃が2万2千/月。カーポート付きの平置き。
地域によってはこれぐらいで家が借りられますね。笑
東京はアホみたいに土地が高くて・・・でも仕事があるので離れられず。
今回はかなり探し回ったのですが、結局目標の2万/月以下には収まりませんでした・・・
それでも下北沢という立地では駐車場の家賃平均が2.8万/月ぐらい(実感ベース)なのでそれなりに安く収まっています。
そんなこんなで今日は駐車場の選び方について個人的な想いを書いてみます。

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

■駐車場の種類って
まず駐車場にも種類があります。
その種類によって家賃平均も変わるので、先にどの種類の駐車場を狙うのか決めておく必要があります。
決める基準は、車を大事にするためにどれだけお金を積むかということだと思います。
賃貸だと種類はざっくりこんな感じです。
・地面が砂利
・地面がコンクリ
・屋根つき(カーポートやコンテナ状)
・シャッター付き
・マンションなんかの地下駐車場
・機械式(クレーンでつられたパレットに車を乗せるやつ)
簡単に言えば設備にお金がかかっていないほうが安いです。
設備にお金がかかっているほど高いですが、そのぶん車には優しい場合が多いですね。
■理想の駐車場と気を付けるべき駐車場
ボクの理想は屋根とシャッターがついているガレージです!!
紫外線も、台風も防げて、かつ盗難防止にもなるわけです。完璧。
しかしお金持ちのお宅にはついてたりしますが、基本的に持ち主が使っていて月極には出してません。あっても超高い。
一方で気を付けなければいけない駐車場もあります。
例えば・・・
・砂利の駐車場は砂埃が舞うので、車にカバーをかけると、ボディとカバーの隙間に砂が入って車が傷まみれになります。ぎゃー。
・屋根がない機械式駐車場で下の段の場合は、上の段の車から滴り落ちた油を含む汚れがつきます。ボディが痛みそう。ぐわー。
最終的にはどこまで車を大事にするのかという気持ちとお値段で相談ですよねー。。
値段もあり、ボクはカーポート(簡易屋根のことで、たいていの場合は面積が小さく雨が降れば結局車は濡れる)つきで妥協しています。
それよりも車を他人に傷つけられないことを重要視しています。
それは以下のチェックポイントで、実際に駐車場を見に行ってみないとわからないことも多いです。
・車が道路に面していない(通りがかりの車にぶつけられる危険があるため)
・同駐車場内にコインパーキングが併設されていない(誰かも知らない車に当て逃げされる危険があるため)
・できれば隣に駐車されない場所、あとは端っこ(隣の車のドアパンチを食らう危険があるため)
・隣や奥に駐輪場がない(チャリを出すときにガリッとぶつけられる危険があるため)
大事な車を守るためにも、不安要素はできるだけ排除できる場所を探してくださいね!
すっげーお金がある人は、ガレージハウスを買いましょう。笑

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

フォローしてみる。