パナメーラ:ホワイトレザー内装をぴっかぴかに掃除する。~シートとカーペット編~

ヘッダ用インフィード広告

きんようび!きんようび!!

どもども、おはこんばんちわ。なかなか終わらぬ繁忙期。それが子供の夜泣きと重なってHPがかなり減ってきているかみぶくろまんです。

さて、ようやくダラダラと書いていためぇ子(パナメーラS)の内装掃除も完了編です。あ、意外と内装掃除や内装いじりでバッテリー消費することがあるので長時間の作業は気をつけてくださいね。ドアを開けておくことが多いので内装のランプ類は切っておいたほうが安心です。

ここまでの内装掃除記事はこちら。

パナメーラ:ホワイトレザー内装をぴっかぴかに掃除する。~ドア周り編~

パナメーラ:ホワイトレザー内装をぴっかぴかに掃除する。~フロアマット編~

[Sponsored by Google]

■ブラシでカーペットをブラッシング・・・

さて、前回作った洗浄液(たっぷり)でカーペットをブラッシングしていきます。タワシですけどね。。

とにかくバケツをひっくり返さないように注意してください。あとブラシもビッチョビチョのままカーペットに持っていくと濡れすぎる気がするので、それも気をつけています。

んー、上の画像を見るとカーペットが敷いてあったところとそうでないところの境目がくっきりですね。。ただ少しカーペットのブルーがホワイトに移ってしまっているので、これは落ちないかもしれません。(カーペットで隠れるからいい)

やり方に難しいことはなく、洗浄液をつけてカーペットを擦っていくだけ。ただし力任せにやるとカーペットがケバケバになる恐れがあるので気をつけてください。なるべく毛の奥の汚れも掻き出すように、円状にブラシをかけていきます。

下の写真のように手袋もしたほうがいいですね。色つきの内装を掃除する場合は洗剤だけなので素手でもいいですが、僕の場合はホワイトなので漂白剤を混ぜており、手袋をしないと手が溶けます。笑

漂白効果を待つのもあって、擦って1分ほど時間が経ったところから布で拭き取っていきます。水分を一緒に汚れを拭き取るんですね。使っているのはマイクロファイバータオルです。

下の画像は運転席のセンターコンソール側の壁。影もありますが上1/3が洗っていない部分、下2/3が洗った部分です。それなりに白くなっているのがわかりますでしょうか。白だからこそわかりやすいというのもありますが、それなりに効果のある掃除方法みたいですね。

下の写真が掃除した後。まぁそれなりに綺麗になったと思います。

僕は運転する際にもともと靴を脱ぐのですが、今までのオーナーはそのまま運転していたはずなのでどうしてもフットレスト周りは黒いですね。ちなみに僕は土足禁止にしたいわけではなく、履いている靴によって運転の感覚が変わるのが嫌なのです。

さて、この1シートで30分以上かかるカーペット掃除を4シート分やっていきます・・・熱中症には注意。。

助手席はステアリングがない分、頭を突っ込んで掃除しやすいですね。。

[Sponsored by Google]

■シートも同じ洗浄液でブラッシング・・・

シートを含めてドアパネル、コンソール全て洗浄液とタワシで綺麗にしていきます。

ただし、今回は漂白剤を入れたのでブルーのレザー部分には絶対につかないようにします。うちのパナメーラはヨッティングブルーレザーとオフホワイトレザーのツートンなので、ホワイト以外に漂白剤がつくと色が抜けます。。

なんかここからも写真撮りながら進めていた記憶があるんですが。。。見つからないので画像なしです。すいません。。

レザーシートを隅から隅まで洗っていきます。ステッチ部分とソフトレザールックのシワ部分は重点的に汚れをかき出します。そしてレザーに水分が浸みすぎてしまう前に拭き取りましょう。これを4シート。もちろんシートバックも綺麗にします。

さて、、拭き取っていただけのタオル。途中で洗ったらとんでもないことに・・・

スッゲー汚れが出てきました・・・なので効果がかなりあったということです。嬉しい・・・ですが拭き取りタオルもマメに洗ってあげましょう。

そして大切なのが乾燥。全窓を開けて風を通します。ちゃんと乾燥しないと後でカビやシミになるのでカラッと晴れた日しか出来ない作業です。

■レザーは乾燥するのでレザーケアが大切・・・

レザーシートは生き物ですから、放置しておけば劣化しますし、丁寧にメンテし続ければ味が出ます。よく古いレザーのカバンが乾燥して割れてしまったりしていますよね。あれはちゃんと油分を補給してあげなかったから発生したものです。

車のレザーシートも数年で割れるものではありませんが、よくよくケアしてあげたほうがよさそうです。特にレザーは水に弱く、しっかり加工されているとはいえ洗ったことで油分が抜け気味になってしまっていると想定されます。

ということでレザーケア。レザーシューズを磨くのと一緒です。使っているものはミンクオイル。つまり動物性の油脂にしました。

手に巻いた布に薄くとって隅々までレザーを擦ります。ソフトルックレザーなのでシワの間もしっかりケア。結構硬い固形のものなのでよく伸びますしツヤが出ます。

一方で頂き物のアローズのレザーケアセットもあります。これについているクリームはかなりトロリとしたもので、染み込む感じはするのですが、ツヤや油分ではミンクオイルに軍配が上がります。レザーのタイプによって使い分けたほうがよさそうですね。

と、いうことで出来上がった内装。カーペットも戻して完成です。

嗚呼、美しい、美しいよめぇ子・・・もう汚れるから誰も乗せたくない・・・笑

でも子供を安心して乗せるためにパナメーラにしたので、すぐに汚されるんだろうなぁ。。笑

やっぱり隅々まで綺麗な状態で車をキープするのはとても手間がかかり、でもそれだけで車には品格が宿ると思います。それは車格に関係なくですよ。

[Sponsored by Google]