ローバーミニ:サイドバンパーにメッキモールを貼ってみる。

あー、夏休みが終わって仕事もまた多忙になりました。。なんだか僕の夏休み期間はひたすら曇天・雨天。

ジリジリと照りつける日差しの中で気持ちよく汗をかくことができれば気持ちいいのですが・・・なんだか社会人になってからほとんど夏を感じてない気がします。。子供の頃感じた、あのいつまでも日が暮れずに遊べる楽しい時間はもう二度と来ないのでしょうかね。

今年ももうすぐ夏が来るはず・・・という思いのまま、秋の肌寒さを感じてしまいそうです。「ぼくのなつやすみ」の実況動画でも見ましょうかね。

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

さてさて、暗い話はさておき。

■つゆだくにメッキモールを貼る。

オーバーフェンダーにしていないクラシックミニは、たまに前後ホイールアーチからサイドまで通してメッキモールが通っていることもありますよね。上品なクラシックカーに仕上がるのでとても好きなデザインです。

でも僕のつゆだく(うちのローバーミニ)はスポーツパッケージで最初からオーバーフェンダーが付いています。それによってぶっ続けのメッキモールはできないのです。。それでも部分的にメッキモールを入れて上品な印象にしていきたいと思います。

元のサイドバンパーは黒いゴム製で、金属ボディに挟むように差し込んでいるだけなんです。(たまには取り外して歯ブラシで掃除してあげたほうがいいですね)これを取り外して、代わりのメッキモールを取り付けてもいいんですが、そうなると汎用品ではダメだと思います。

と、いうことで今回は黒いサイドバンパーの上からメッキモールを貼るようにしたいと思います。

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

■メッキモールの下準備。

さて、メッキモールを下準備します。まずAmazonで購入した汎用品のメッキモールのテープを貼り替えます。というのも、ゴムにメッキモールを貼ると剥がれやすい気がしますので、両面テープを3M製に貼り替えます。

もともと両面テープが貼られているようなら貼り替えですが、今回は別で付いていた両面テープを使用しないだけです。

今回購入したのは12mm幅です。ミニのサイドバンパーに貼るにはちょうど良い幅ですね。

ずれないように3Mの両面テープを貼ります。事前に実車に合わせてモールは切っておきましょう。今回の商品はハサミで切れました。

■ミニに取り付けする。

さてミニに取り付け。

まずいつもの通り脱脂しましょう。そのうえでモールの端を少しだけ両面テープを剥がし、位置決めをします。ちゃんと両端が収まるかどうか長さも確認してください。

そしたら両面テープの台紙を引き抜きながらモールを貼りきります。

さてこちらがモールを貼った状態。黒いですよね。

そう、最後のお楽しみです。メッキモールには傷防止の黒いフィルムが貼られているので、それを剥がしたら完成。日頃お客さんの顔色を見ながらストレスにさらされて生活しているサラリーマンにはたまらない瞬間です。

ペリペリ・・・ああああああああああ気持ちイイッ!!!!!

ということで完成です。いえ、変態ではありません。

ということでこういう印象になります。いい感じですね。

ということで改めてこういう印象になります。

パナメーラと違ってミニはメッキモールが似合いますね!上品な印象になるので今後もうちょっと追加していくかもしれません。

今回は簡単めなカスタムでした。

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]