200まんえんで買えるくるま。②

——————————————-

この記事はExicte Blogで2015/5/5に投稿されたものです。

ブログ引っ越しにつき再投稿しています。

現実的にはプリウスの購入はないですね。

実用的な車ではなく趣味に振り切った車でないといけないという謎のポリシーがあるためです。笑

——————————————-

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

200万円で買える車第2弾です!

■トヨタ・プリウス

みなさんご存知プリウスさん。
ボクはエコカーといえばこのイメージがあります。
200万円あれば、低いグレードならほぼ新車で手に入るのかと思います。
安心の国産トヨタ。
実用的な大きさと室内の広さ、ストレスのない加速感を考えればエコカーの中でかなり実用的なんじゃないでしょーか。
維持費を含めた実用性に価値を感じるなら抜群に良い選択ですね!
ちなみに最近はエコカーのマフラーを太くするチューニングがあるみたいで。
個人的にエコカーでマフラー太くするってなんか矛盾を感じますが・・・モーターで走ってるときは音しないし。笑
エンジンを強化するためにはマフラーを変えたり、チャージャーを積んだりをいうチューニングがあります。
今後はモーターに対するチューニングも出てくるんですかねー?

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

例えば・・・(ミニ四駆を思い浮かべてる)電圧を上げる、そもそもモーターをパワフルなものに代えるなどでしょうか。
電圧を上げるっているのはバッテリーを強力なものに変えたり、ECU(コンピュータ)の設定を変えることで行けそうですね。
まぁいずれにせよ使用するエネルギーを大きくするのでエコカーの目的からはそれるわけですが・・・
(ガソリンエンジンよりモーターのほうが速いからモーターにしてるんだYO!!というなら話は別です)
そうなると今後のチューニングで主流になってくるのは「見た目」に関するものなんでしょうね。
車をチューニングするタイプの人は、早さよりも個性をそこに求めてくる気がします。
もしかしたら足回りの強化や軽量化なんていうのは共通なのでまだ市場は縮小しないのかも。
話を戻しますと!!
東京ではそもそも車なんていらないんです!!という前提で、ボクは車は趣味として買うんです。
趣味なら実用性よりも楽しさ、見た目なんかが判断基準になってくるのでプリウス君は見送りとさせていただきました。
しかしつゆだくはめっちゃ軽いのに燃費11km/リッターとかなのね・・・しかもハイオクだし。
最近の車はすごい・・・笑

[Sponsored by Google]

[ad#rectangle]

フォローしてみる。