もっと面白くするために、このブログに期待する内容を教えてください!

View Results

Loading ... Loading ...

パナメーラ:ディーラーでエンジンオイル、ブレーキフルード交換をしてもらう。全部で8万円なり。

ポルシェのディーラーでオイル交換とブレーキフルードの交換をお願いしてきました。気になる金額は8万円ほど、その内訳やディーラーで作業することのメリットについて書いていきます。

そういえば久しくめぇ(うちのパナメーラS)のオイル交換をしてなかったなぁと思い、ディーラーに入庫予約を入れることに。このところ車検を自分で通したりしていたのでディーラーに行く機会がなく、ついつい忘れて逃してしまっていたんですよね。。

パナメーラ:自分でポルシェをユーザー車検に持ち込んでみる。~事前準備編~
めぇこと僕のパナメーラSですが、いよいよ車検の時期になりました。僕が所有して2回目の車検なので購入してから4年ということになりま...つづく

パナメーラは自分でオイル交換しないの?と思われるかもしれませんが、他の車と異なり、自分で作業しようとすると結構大変なのでこれはディーラーにお任せしています。

■パナメーラのようなクルマはオイルを替えるだけでも作業が多い。アンダーパネルを外すのは大変そう。

こういったクルマ、特にスポーツカーでは車体裏側を流れる空気を整流するためにアンダーパネルがついています。車体裏は平らになるのですが、その一方で何の整備をするにもまずはリフトアップしてパネルを外す必要が出てきます。あの重い車体を自宅で持ち上げるのと、さらに潜って作業となるとかなり恐怖がありますね。

なのでリフトで上げてもらう方が安心ですし、こういったデリケートな部類のクルマなのでついでに他の心配な点がないか診てもらうにも良い機会だと思います。

それと新しいオイルを入れた後のオイル量測定も大変です。じょんじょん(うちのミニF56 JCW)と同じように最近のクルマはエンジンルーム内にオイルレベルゲージがありません。なのでオンボードコンピューターからオイル残量測定を行うのですが、これが結構な距離を走らないと測定できないのです。

家の周りを走ったぐらいじゃ測定可能状態にならず、出かけるついでに測るしかないなという感じ。おそらくショップでもこの方法をとっているところがあるのではないでしょうか(以前ロペライオの整備動画を見ていたら走行して測っていた)。

ただディーラーでは(おそらく暖気した後)直接テスターを繋いで測定ができるそうで、ポルシェ専用のテスターがあれば回避できるようですね。

■他にも交換しておきたい消耗品液体類。今回はブレーキフルードも交換。それ以外の消耗品はまだ大丈夫そうだ。

他の消耗品も確認してもらったのですが、あまり距離を走っていないのでブレーキパッドなど走行に伴う消耗品は問題ないようです。その他次回の車検などで交換が来そうなものも特にはなく、大丈夫そうということでした。ディーラー(しかも僕のお世話になっているところは認定マイスターが多く安心できる)でそう言ってもらえれば安心して乗ることができますね。

PDK、つまりミッションオイルも16万キロで交換なので基本的にはやって来ないですね。こういったメンテナンスフリーなところはとても助かります。

ポルシェパナメーラのオイル交換費用

なのでエンジンオイルに加えて今回交換したのはブレーキフルード。ブレーキフルードは空気中の水分を吸収して劣化する、吸湿性があるので時間が経ったら走っていなくても交換期限になります。これはつゆだく(ローバーミニ)の場合はサクッと自分で交換してしまうところですが、パナメーラは交換をお願いしています。

ちなみにエンジンオイルは1万キロか1年の早い方、ブレーキフルードは2年が交換時期ですね。それと今回は交換しませんでしたが、クーラント(冷却水)も交換が必要な液体です。

■エンジンオイル交換は6万円、ブレーキフルードの交換は2.5万円なり。

さて気になる金額ですが、今回は8万円ほど。エンジンオイルが9リッターで¥28,710、工賃が¥20,020、そしてフィルターやシーリング類が合わせて¥8,195となっています。つまりオイル交換諸々で6万円あれば足りるということです。

総じて割高だとは思っていませんが(フェラーリなどと比べると特に)、工賃は手間がかかる作業なのでリーズナブルだとしても、やはりオイル代は割高な感じがしますね。指定オイルを定価で、かつマージンが乗って買っているのでそういう金額にはなります。

そしてブレーキフルード交換の方は、ブレーキフルードが¥5,940、工賃が¥17,160、その他ブレーキクリーナーで¥1,100です。トータルで2.5万円ということですね。ブレーキフルードの交換は4輪からブレーキフルードを抜く必要があるのでオイル交換より手間がかかりそうな気がしますが、こちらの方が工賃は安いようです。ただ同時に交換しているので、その分共通作業(例えばアンダーパネルを外すなど)は片側の工賃に乗っている可能性があり、ブレーキフルード交換を単体で行うともうちょっと高いのかも。2年に1度なので車検のときにまとめて作業してもらうのが理想ではありますね。

ポルシェパナメーラの除菌クリーニング

ちなみにやはりこういうご時世ということで、最後に室内を除菌クリーニングしてくれていました。余分に手間がかかるわりに工賃に乗せるわけにもいかないのでディーラーさんも大変ですね。クルマに乗ったらクリーニング済のカードが置かれていました。おしゃれ。子供にあげたら喜んでました。笑